交通事故にあった時の後遺障害とは

後遺障害という言葉をご存知でしょうか?
交通事故にあった時は、まず入院をしたり通院による治療を受けたりしますが、その後も状態が改善しないまま治療を終え、症状が残ってしまったものを後遺障害と呼びます。
後遺障害の等級は、症状ごとに1級から14級まで分類されており、さらにその中でも1号、2号…と細かく分けられています。
この後遺障害の等級が決定すると、その等級ごとの基準で慰謝料の金額が決まってきます。

しかしこの基準にも、自賠責基準と裁判基準があることは、あまり知られていません。
多くの人は、事故後の事務処理を加害者側の保険会社に一任することが多いものですが、保険会社では自賠責基準で慰謝料の金額を提示しているのです。
一般的に言って、保険会社の採用する自賠責基準は、弁護士などが採用する裁判基準を大きく下回っています。
そのため、弁護士に相談して代理人になってもらって交渉することで、慰謝料が増額できる可能性があるのです。

弁護士に相談する費用が高くつくのではないか、と心配される方もいるかもしれません。
任意で加入している自動車保険の中には、弁護士費用も保証しているものがあるので、一度確認してみることをおススメします。
弁護士を探す時には、交通事故の後遺障害で検索して、交通事故に詳しい法律事務所の情報を集めましょう。

https://kouisyou-support.com/failure-grade/